丸丸のblog

丸丸の遊びあれこれ



源流釣りのレジェンド、渓魚酔の大山勝五さんの動画です。

原発の影響で10年間禁漁だった、桧原湖漁協の管轄する小野川への源流釣行の様子を
ビデオ撮影し、まとめてみました。



下北半島の大間崎に車中泊しながら、山登りと渓流釣りを楽しんできました。

2月に北海道行きの飛行機を予約しておいたのですが、行く直前になって、
コロナウィルスの影響で便がキャンセルされてしまいました。
そこで、北海道行きのために開けておいた日程を短くして、
下北半島の大間崎まで行くことにしました。

自宅から約900㎞の道程のほとんどが雨で、大間崎に着いたら雨が止みました。
以前から、気になっていた縫道石山に登り、大畑川や易国間川で渓流釣りをしました。

こちらが、その時の映像です

緊急事態宣言の解除で、ようやく他県に行けるようになりました

2月にスキーに行ったついでに買っておいた長野県の川の年券が
やっと使えるようになりました

今まで4回行っている沢に1泊で釣りに行くことにしました
その時の映像です



この沢は入渓しやすく、泊まり場もいいのですが
テンカラ釣りは、かなりハイレベルでないと釣りにならない沢です

流れが急で、流せるポイントが少なく、流せるポイントには木が被っている感じで、
今回、女房殿にはちょっと難しかったようです

渓流ベイトフィネスは、いい感じでポツポツ釣れました。入渓者が多いので
釣れるのはサオ抜けしているポイントばかりでした

この沢は、1度大水でガタガタになったことがあります。今年の梅雨の大雨が少し心配です



新型コロナウィルスの影響で、神奈川県の駐車場が4月から閉鎖されていたが
6月1日にが平塚公園駐車場が解除されるのに伴って、ひらつかタマ三郎フィシャリーナも
使用できるようになりました。

6月初旬に、平塚沖でライトウィリー釣りをした時の映像です。
マサバしか釣れませんでしたが、シメサバの刺身、シメサバの押し寿司、味噌煮等
かなり楽しめました。


緊急事態宣言の一部解除で、西丹沢で渓流ベイトフィネスのデビュー戦に行きました

白石沢と西沢に釣りに行った時の映像です


DSC00094
スプーン、スピナー、タックルボックス

DSC00096
プラグ、タックルボックス
使用するルアーを1月くらいからコツコツ買い集めてきました


DSC00117
自分の場合、源流釣りスタイルがベスト派ではないので、ポーチにタックルを
まとめて持ち運びます


DSC00099
小物類はこんな感じでまとめています

DSC00102
フックはオーナーばかりです

DSC00104
ラインとリーダーです

DSC00112
PEラインは30mくらい巻き、「PEにシュッ!」を吹きかけています

DSC00115
メジャー、水温計、ナイフも入っています

DSC00106
手作りの「高巻きポーチ」です
散歩ついでに近くの川にキャスティング練習に行く際、持ち運び
しやすい方法はないかと、思案して思いつきました


DSC00107
こんな感じで収納されています。4ピースをまとめているので、テレスコタイプ
よりも穂先が折れにくいです。ラインをそのまま収納しているので、直ぐに
釣りを再開できます


緊急事態宣言でどこにも行けず、裏山に散歩に行っていた時
たまたま、蝶が数匹で群れて舞っていたのが面白くて撮影した映像と花や森
の写真と編集した動画です


DSC08260

西丹沢に渓流釣りに行った時に、車中泊の様子を撮影した映像です

MA302907
シロヤシオツツジの花

緊急事態宣言の一部が解除になったので、西丹沢の檜洞丸へ
久しぶりに石棚山稜から登りに行った

シロヤシオツツジとトウゴクミツバツツジが見頃を迎えていた続きを読む

DSC00050

今年は少し思うところがあって、渓流ベイトフィネスをやってみることにした
渓流ベイトフィネスとは、ベイトリールを使って軽いルアーをキャスティング
して釣ることである。そのためにブレーキシステムが簡略されたフィネスタイプ
のベイトリールを使わなければならい。参考にしたのは故本山博之さんである。

続きを読む


非常事態宣言で釣りに行けないので、家でリーダーを組んでいた
今年は、ベイトリール年間と自分に位置付けて、ロックフィッシュをやろうと
思い、タックルまで揃えて息巻いていたら非常事態宣言である

ロックフィッシュのタックルは、PEライン2号に5~7号のリーダーということで、
根掛りで、リーダーの交換が多くなりそうだと想像している

MA070041

以前から、指先の中で編みつけるFGノットをやってきたが
基本的なFGノットは、最終的にPEラインのほつれを防ぐために
ハーフヒッチをしなければならない。これが大の苦手である
それでも一度もノットからすっぽ抜けたことはない

FGノット的には、ノット部を締め込んだ時点でほぼ完成なのだ
なんとか簡単に終わらせられないだろうかと考えた

そして指先だからこそやりやすい、ダブルFGノットを思いついた


先ずはこれまでやってきた基本の指先FGノット
       
    


そして、ハーフヒッチの回数を少なくすることを考えていて
気が付いたダブルFGノット

    




このFGノットはかなり強力

2回に締め込みを分けることで、今まで締めきれなかった
PE5号に130ポンドラインも確実に締め込むことができた
MA070064




さらにPE0.4号に6ポンドのラインを確実にFGノットできる


MA504334
自家製コーヒー焙煎の完成

続きを読む

MA504339  
完成したワカサギの燻製  飴色に輝いている
続きを読む

MA302005
南アルプス笹山から、2020年元旦の初日の出
続きを読む

MA301691
今回は、3日間で山梨百名山を3座登ることにした
富士見山から見た富士山

続きを読む

MA301350
貫ヶ岳の途中、十国山展望台から見た富士山。手前の尖がり山は白鳥山
今回、山梨県南部町にある山梨百名山を3日間で6座登ってしまうことにした

続きを読む

MA300929

東御市の烏帽子岳山頂
続きを読む

MA404221
2019年7月、ゴローで軽登山靴のブーティエムを新調した

続きを読む

MA408801
散策程度の歩きで登ることが出来る高ボッチ山の山頂
続きを読む



MA300845
 弁当山の山頂にある展望台
続きを読む

2019nasu0055
                   剣ヶ峰と朝日岳

 10月中旬、天気の良さそうな日に合わせて、那須岳に撮影登山に行った
 
続きを読む

MA504250
 SONYから新しいAPS-Cレンズが発売された。これまで、F値の明るい広角
 標準ズームが無かった(ツァイスの1670はF4.0)ところに16mmから55mm
 のF値2.8通しのレンズがラインナップ。さらに望遠ズーム70mmから350mm
 のF値4.5-6.3も同時発売。これで、APS-Cのズームレンズが充実された。
 1018、1655、70350の3本のレンズで、35mm換算の15mmから525mm
 までカバーできる

MA504257
 さっそく、α6500に取り付けてみた。なかなか立派なレンズである。早く撮影
 に行きたいものだ

MA201111
 いつも使っているソニーα6500 APS-Cセンサーサイズの小ぶりなカメラ
 レンズキットセットで購入。レンズはSEL18135


続きを読む

MA708683
                           エボシ375 「丸丸」

        
  マイボート釣りをするようになったのは、旧4級小型船舶操縦士免許を取得した1996年。このとき関西にアカシヨットというボートメーカーがあり、アカシEK-270という3分割式ボートを持ったことが最初である。エンジンはマーキュリー2スト5馬力。3分割というのは箱を3つつなぎ合わせた状態なので、つなぎ目から水が漏ることはない。分解して重ねれば、ステーションワゴンならすっぽり荷室に収まる。この時の車は三菱のリベロという1800CCのステーションワゴンだったが、楽に入っていた。2艇目は、2002年に湘南高圧のパーフェクター13に乗り換えた。これはリベロにカートップしていたが、その後、車がボルボ850になり、トヨタのアベンシスまで8年間乗った。船体が軽くて砂浜でも楽に出すことができた。現在のエボシ375は、茅ヶ崎の辻堂加工のボートである。2重底で安定性はバツグンだが、その分重量があるので、しばらくカートップしていたが、後にトレラーにチェンジして今に至っている
。 
続きを読む

MA708516
                                      山梨百名山の1つ、三つ峠山からの富士山
続きを読む

MA040076

 精進湖から見た富士山の夜明け

 2019年、これまでの遊び、これからの遊びのあれこれをこれからブログに
 紹介していこうと思う


↑このページのトップヘ